聴覚障害・言語障害の障害年金受給事例

[記事公開日]2018/08/21

聴覚障害・言語障害の障害年金受給事例

阪神障害年金サポートセンターでは、聴覚障害・言語障害などでの障害年金申請のサポートをおこなっております。

 

事例1 混合性難聴(ゆ着性中耳炎)

対象者の基本データ

病名 混合性難聴(ゆ着性中耳炎)
年齢 47歳
性別 男性
障害の状態 「補聴器が必須である」
「通常の会話レベルの音量は聞き取れず、聞き返されたり聞き直すことが頻繁にある」
「耳垂れによる痒みが酷く強いストレスがある」
申請結果 障害厚生年金2級

 

ご相談までの経緯

Fさんは、約15年程前に突然右耳からかゆみや痛みを伴う耳垂れが出始めました。

もともと病院嫌いであったFさんは、しばらくの間様子をみようと考え、すぐに受診には至りませんでした。

しばらくすると、耳垂れ加えてどんどん聞こえも悪くなっていきました。

家族から「聞いている?」と聞き返されることがあり、会社では何度も聞き直すことが増えました。

そして発病から10年後、朝起きると突然左耳が塞がったように感じ、ほとんど聞こえない状態となりました。

さすがに異変を感じて翌日自宅近くの耳鼻科を受診、「感音性難聴およびゆ着性中耳炎」と診断を受けました。

診断後、投薬やチューブ留置などを行いましたが、難聴はどんどん進んでいきました。

 

申請結果

診断書は、意思疎通の程度に対する支障度合をご記載頂いたしたアンケートに基づき記入頂きました。

また申立書では、日常生活や仕事場における障害などしっかり反映、加えてめまいなどによる生活上での危険性も訴えました。

受診していない期間が長らくあった為、注意しつつ矛盾が生じないようきちんと申立てた結果、無事障害厚生年金2級に認定されました。

 

聴覚障害・言語障害の障害年金申請に関するよくあるご質問

聴覚障害・言語障害の障害年金申請でよくいただくご質問をご紹介します。

 

Q.電話が出来ないのでメールでの相談も可能ですか?

当事務所では各障害に合わせたサポートを大切にしております。

つきましてはメールでの相談も大歓迎ですのでご相談ください。

また、オンライ面談もご用意しております。

オンライン面談ではチャット機能を用いて質問を送ることも可能です。

 

その他詳しくは『耳(聴覚)の障害で障害年金を受給するためのポイント』をご覧ください。

 

まずはご相談下さい!

障害年金が受給できる可能性があるか、受給できる場合どれくらいもらえるのか等、障害年金に関しての疑問はお気軽にお問い合わせ下さい。


当センターでは無料相談を行っております。

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

友だち追加

以下フォームからもお問い合わせを受け付けております。

※どのようなご質問でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ご氏名
メールアドレス
お問い合わせ内容


※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、
お電話で当センターまでご確認下さい。


【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には
使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ

 

障害年金のお問い合わせはこちら