お問い合わせ
電話番号

"発達障害"

~事例のご紹介~

発達障害の障害年金申請事例

当センターにご依頼を頂いた中から代表的な事例を次の通り記載します。 1.アスペルガー症候群 2.自閉症 3.広汎性発達障害 事例1 対象者の基本データ 病名 アスペルガー症候群 ...
(3)障害認定基準

第8節【発達障害の障害認定基準】

発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものをいいます。 認定基準 発達障害は以下の認定基準によって等級...
(5)その他の関連制度

病気やケガで使える福祉制度一覧

1.障がい者手帳 障がい者手帳とは、障害のある方が取得できる手帳です。地方自治体ごとにより受けられる支援が少しずつ異なりますが、一番のメリットは医療費助成です。手帳を提示するころで指定病院での医療費がことで「原則1割」で済みます。※自...
(5)その他の関連制度

認知症のための障害年金|家族全員が安心する為の3つのポイント!

認知症も障害年金の対象となります。 認知症の発症で生活・仕事・育児に支障が生じ、ご本人・ご家族の生活や人生に大きな影響を及ぼします。 そして認知症とは決して高齢者に限った病気ではなく、65歳未満で発症する認知症を『若年性認知症』...
(5)その他の関連制度

知的障害の障害年金|将来に不安を残さないための障害年金申請

特別支援学校など、障害を持ったお子様のご両親への障害年金の普及活動をおこなっている際に「子どもの将来が心配」というご相談をよくいただきます。障害年金は軽度の知的障害であっても受給できる可能性があります。知的障害で障害年金を受給する方法をわかりやすくご説明します。
【傷病別】た行

統合失調症で障害年金を受給するポイントを徹底解説します!

統合失調症はその病気の特徴から障害年金の認定が難しい病気の一つとされています。今回はそんな統合失調症での障害年金受給のポイントを解説します。
障害年金の基礎知識

指定様式以外で障害年金の診断書を作成する場合について

障害年金の申請には必ず診断書が必要となります。 原則として診断書は各都道府県、市区町村に設置された年金事務所や年金相談センターと窓口にて指定様式の診断書を取得します。 指定様式の診断書を使用せず、パソコン等でダウンロード...
(3)障害認定基準

障害年金の認定に地域差がある!?「うつ病の等級判定ガイドライン」って何?

精神疾患(うつ病、統合失調症)、発達障害、知的障害での障害認定ガイドラインを分かりやすく説明します。

【障害年金申請のポイント】精神の障害とは

精神の障害は、以下の通り区分し、それぞれの認定に照らして等級を決定します。統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害     ※そううつ病は当項目に含まれる症状性を含む器質性精神障害てんかん知的障害発達障害なお、症状性...

障害年金の認定基準

障害年金の認定には障害別に規定された認定基準により審査されます。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 目の障害 聴覚機能の障害 鼻腔機能の障害 平衡機能の...
タイトルとURLをコピーしました