知的障害の障害年金|将来に不安を残さないための障害年金申請

[記事公開日]2018/04/08
[最終更新日]2018/05/11

当事務所では特別支援学校など、障害を持ったお子様のご両親への障害年金の普及活動を積極的に行っています。

そこで、よく聞くのが「子どもの将来が心配」という声です。

その事からも障害年金という定額で支給される制度がお子様だけでなくご家族にとって、いかに重要かという事が伝わってきます!

しかし、障害年金は手続きが複雑なため、とても分かりにくい制度です。

そこで、知的障害で障害年金を受給する為のポイントや疑問点などを分かりやすく徹底解説します!

お子様が20歳になるタイミングで、すぐに請求ができるようご準備にお役立てください!

 

「知的障害」の障害年金制度

これまで療育手帳などについては、病院や地方自治体から積極的に指示があったかと思います。

しかし障害年金はこれらとは異なります。

障害年金制度には「国の制度にもかかわらず、国が積極的周知を行っていない」という問題があります。

国はもちろんですが、病院や市区町村が積極的に教えてくれる仕組みもありません。

つまり障害年金は、国や病院・学校から通知が来る訳ではなく「自ら申請する必要がある制度」なのです。

そのため「申請のポイント・注意点」を確認し、事前の準備をしっかり行うように心がけましょう!

年子先生
障害年金の基礎知識については『障害年金とは?』をご覧ください。

 

「知的障害」での障害年金の受給要件

「知的障害」で障害年金を受給するには、受給できる年齢や障害の程度が決められています。

どのような要件があるのかを見てみましょう。

 

受給要件1 年齢による要件

知的障害に限らずですが、障害年金は20歳の誕生日から受給できるようになります。

後述しますように在学中から障害年金申請の準備を始めることをおすすめします。

 

受給要件2 障害の程度による要件

受給できる障害の程度はどのように決められていて、どの程度の障害であれば障害年金が受給できるのでしょうか?

そのを定めた基準を「障害認定基準」といいます。

障害の程度が以下の表に該当すると障害年金を受給することが出来るとされています。

障害等級 障害状態

1級

 食事や身のまわりのことを行うのに全面的な援助が必要であって、かつ、会話による意思の疎通が不可能か著しく困難であるため、日常生活が困難で常時援助を必要とするもの
2級 食事や身のまわりのことなどの基本的な行為を行うのに援助が必要であって、かつ、会話による意思の疎通が簡単なものに限られるため、日常生活にあたって援助が必要なもの

とくに太字部分が重要になります。

「全面的」「不可能か著しく困難」「基本的な行為を行うのに援助」・・・ちょっとわかりにくいですよね。

これを判りやすく表にまとめると以下のようになります!

 

「知的障害の」障害の程度に関する注意点

厚生労働省の発表している障害認定基準では3級の記載があるため誤解されやすいですが、知的障害は原則3級はありません

知的障害の場合「障害基礎年金」での申請となりますので、認定されるのは「1級または2級」のいずれかに限られます。

詳しくは障害年金の基礎知識を参照してください。

 

「療育手帳」と「障害年金」の等級

療育手帳障害年金の等級と療育手帳の等級とを混同されている方が多いのではないでしょうか?

療育手帳制度は、法律で定められた制度ではなく、「療育手帳制度について(昭和48年9月27日厚生省発児第156号厚生事務次官通知)」というガイドラインに基づいた制度です。

都道府県・政令指定都市ごとに制定して行われている制度ですので、法令上に規定がありません。

障害年金と療育手帳(障害者手帳)は基準とされる法律が異なりますので、両者の等級は一致するとは限りません。

中には「療育手帳がB2だと障害年金は受給できない」などの噂がありますが、このような軽度とされる知的障害でも成功した事例が多くありますので諦めない事が大切です!

ただ、当事務所でのこれまでの経験から、療育手帳の等級と障害年金の等級の関係を表すると以下のようになります。

あくまでも目安として参考程度にご覧ください

程度 療育手帳 IQ 精神年齢 障害年金
最重度  A(1)・1度 20未満 1級
重度  A(2)・2度 20~34 3歳~6歳未満 1~2級
中度  B(1)・3度 35~49 5歳~8歳未満 2級
軽度  B(2)・4度 50~69 7歳~10歳未満 2級?

A子さん
療育手帳がB2でも障害年金が貰える場合があるんですね!?(驚)

年子先生
そうだね!
B2でも障害年金を受給できた事例が多くあります。療育手帳の等級が低いからといって最初から諦めるのは勿体ないですね。

 

「知的障害」で障害年金を請求する5つのポイント!

いざ申請手続きを行うという段階でも、制度の複雑さから様々な問題に直面するかと思います。

そこで知的障害で障害年金を受給する為のポイントをご紹介いたします。

そのほかに気になる点がありましたらお気軽にご質問ください。

 

【ポイント1】在学中に申請準備をする!

障害年金の準備は高校入学や特別支援学校へ入学頃からゆっくりと準備を始めてある程度整った状態で卒業を迎えるのが理想です。

年金の手続きは卒業後になるため、各家庭内で自発的な行動となります。

就職している場合であれば会社から一定の支援がある場合もありますが、それ以上踏み込んで将来設計を考えてくれることはあまりありません。

そこで学校や周囲からの支援がある間に将来設計を立てておくことが重要となるためです。

在学中に申請を準備することで以下のようなメリットがあります。

 

【メリット1】親同士のネットワークが活用できる

在学中ですととくに親御さん同士の情報共有しやすく、病院の情報が得ることができます。

 

【メリット2】 教員の方からの協力が得やすい

特別支援学校で勤務する教員の方々には放課後等デイサービスや施設・NPO法人等の職員を経験されてきた方もおり病院に対する知識が広い先生もいらっしゃいます。

 

【メリット3】 医師や看護師からのアドバイスを受けやすい

特別支援学校の中には医療的ケアの必要な障害がある児童もいます。

このような場合、医療関係者が日常的に学校を出入りしているため直接、医師や看護師からさまざまな病院の情報を得るチャンスもあります。

 

【ポイント2】 初診日証明の証明

障害年金の請求では受診状況等証明書という書類いを使って初診日の証明をする必要があります。

しかし知的障害の場合は先天性または生まれた後の早い時期に生じる障害とされているため、生まれた日が初診日とされています。

そのため、知的障害で障害年金を請求する際は受診状況等証明書の提出は不要とされています!

年金事務所の窓口で担当者さんによっては受診状況等証明書の提出を求められることがあるようですが、不要ですのでご注意ください。

A子さん
20歳を超えてから知的障害とわかった場合の初診日の取り扱いはどうなりますか?

年子先生
軽度の知的障害のケースの場合は働きだしてから気付くということもありますね。そういった場合であっても知的障害は生まれた日が初診日として扱われるの。

つまり厚生年金に加入期間中に知的障害とわかったケースでも障害基礎年金となるの。

※参考:障害年金の初診日について詳しく解説します!

 

【ポイント3】医療機関の確保

知的障害の場合、普段の生活上、医療的なケアは特に必要が無いため、定期的な通院をしていない方が多いのではないでしょうか?。

そこで問題となるのが、診断書を書いてくれる病院が見つからないといった問題です。

20歳が近づき「いざ申請しよう」と思って病院へ行っても「当院では書けません」と言われた方もいらっしゃいます。

また、障害年金の診断書を記載してもらうには、最低でも3か月は通院が必要となります。
知的障害の場合は1回の受診で診断書を記載してくれる病院もありますが、数回通院して様子をみてから発行するケースも多くあります。

20歳の誕生日を迎えた後に出来るだけ早く請求を行うためには、事前に医療機関の目星を付けておくとロスなくスムーズになります。

 

【ポイント4】病歴・就労状況等申立書の書き方

病歴・就労状況等申立書は申請者が記入・作成する書類です。

出生から現在までの日常生活状況・通院期間・症状・就労状況などを記入するのですが、そこで問題となるのが「病歴・通院歴」です。

知的障害の場合、他の傷病の違って基本的に定期的な通院は不要なことから多くの欄が「受診していない」となります。

「あれ?これって不利になるの?」と不安に思われるかも知れませんが、問題ありません!

審査は病気の特徴を踏まえて行われるので、知的障害の場合は受診や通院をしていないケースはよくあることです。

よって受診・通院状況等は未記入でOKです、日常生活状況や症状などを中心に記入していきましょう!

約20年間の日常生活等を記入する訳ですから、1日2日で終わる作業ではありません。

そのために余裕のある時期に着手することをおススメしています!

 

経緯をまとめる時に役立つ資料

出生からとなると、覚えていないことも多くあるでしょう。(乳児の頃はどんなだったか…小学校で困ったことは…など)

そこで役に立つ資料をご紹介します。

① 自宅で保管している通信簿
② 家族の日記や手帳
③ 家族・周囲の方の記憶

とくに「①通信簿」は教師からのコメントも参考になりますし、当時の状況を思い出すきっかけにもなります。

そのためまだ申請準備のタイミングでない方にも「大切に保管」するように積極的にお伝えしています。

 

【ポイント5】診断書の種類と取得のタイミング

障害年金には障害ごとに準備された診断書があります。

知的障害の場合は「精神の障害用の診断書」を使う事となります。

障害年金制度では「20歳の誕生日」の事を障害認定日と呼び、障害認定日の前後3か月の診断書が必要となります!

この期間から外れた診断書を取得すると取り直しが必要となり余計な費用や時間が掛かってしまったケースがありますのでご注意ください。

 

診断書のチェックポイント

審査のうえで最も重点を置かれているといっても良いのが『診断書』です。

以下にとくに要点となる部分をご紹介しますので、参考にご覧ください。

 

【⑩ 障害の状態/ア病状又は状態像・イ具体的な記載】

ア欄では「Ⅶ 知能障害等」「 Ⅷ発達障害関連症状」がとくにポイントとなります!

「Ⅶ 知能障害等」ではきちんと知的障害の現状が反映されているかを確認しましょう。

また不適応行動がある場合「 Ⅷ発達障害関連症状」にも〇を付けてもらうようにしましょう!

 

【ウ 2日常生活能力の判定】

次は裏面の『日常生活能力の判定』欄です!

この欄は一人暮らしを想定してチェックを行う必要があります。

医師も見落としやすいポイントですので、実態とかけ離れていないか診断書を受け取られた際はご自身でもしっかりと確認しましょう。

 

【ウ 3日常生活能力の程度】

つづいて同じく裏面の『日常生活能力の程度』欄に注目します。

この欄は(精神障害)と(知的障害)に分かれています。

ここで注意すべきは「知的障害のみ」か「知的障害と他の精神疾患もある場合」により記載方法が違います。

知的障害と他の精神疾患もある場合」は(精神障害)と(知的障害)のいずれも記載する必要があります!

 

【エ 就労状況】

さいごのポイントは『就労状況』欄です!

よく「働いていたら障害年金は受給できないのでは・・・」と誤解されている方も多くおられます。

しかし就労していることのみで即不支給!とはなりませんので、諦めないでください。

また「就労支援施設」や「小規模作業所」などに限らず、一般就労している場合であっても何らかの支援・援助や配慮のもとで働いている場合は審査上で考慮されているようです。

よって職場での支援・援助や配慮は、どのようなサポートかを具体的に記載してもらうようにしましょう!

 

「知的障害」の障害年金でよくあるご質問

施設での講習会の際、たびたび親御さんから「うちの子でも受給できると知らなった」という言葉を耳します。

お話を伺うと、障害年金について誤認している部分が多くありました。

そこで今回はこれまでの経験・相談の中から『よくある誤解・多くの親御さんが不安や疑問に思うこと』をご紹介、徹底解説していきます!

 

Q1 IQが高くても受給はできますか?

施設で親御さんや職員の方から「知的障害と診断されていますが軽度です。軽度でも障害年金は受給できますか?」とのご相談があります。

答えは「Yes!」軽度であっても可能性があります。

一般的に「軽度」はIQ70未満を言いますが、障害年金の審査対象は「IQのみ」ではありません!

障害認定基準に「知的障害の認定に当たっては、知能指数のみに着眼することなく、日常生活のさまざまな場面における援助の必要度を勘案して総合的に判断する」とはっきり文書で書き示されています。

その為 ①療養状況生活環境就労状況発育・療養歴・教育歴 について、しっかりと診断書や申立書で伝わるように準備することにより軽度であっても十分に可能性があります。

 

Q2  仕事をしていても障害年金はもらえますか?

これもよくある誤解です。もちろん答えは「Yes」。受給でいる可能性があります。

就労支援施設や小規模作業所(就労継続支援A型、就労継続支援B型)などはもちろん、障害者雇用や一般企業で就労している場合でも「仕事の内容」により2級の可能性があります。

(例)業務内容が単純作業の繰り返しであり、常に頼れる人がそばにいる

就労していることのみで不支給にはならず、審査では仕事の種類や内容・就労状況・仕事場での援助や意思疎通の状況などが考慮されます。

 

Q3 障害年金は一生もらえますか?

×更新」が必要な場合があります!

知的障害は期限の無い認定「永久認定」される場合もあります。このケースでは更新手続きは不要です。

しかし基本的に障害年金は期限を区切られた有期認定となります。

有期認定の場合は1~5年ごとに更新が必要となり、更新タイミングで診断書が届きますので都度提出が必要となります。

 

Q4 障害年金の申請は住民登録地が管轄ですか?

×答えは「NO」です!

特に決まりはございませんので、全国の都合の良い年金事務所に提出が可能です。

なお、当事務所でサポートを行う場合は大阪の年金事務所にて提出させていただきます。

提出する年金事務所による審査の優劣はありませんのでご安心ください。

 

Q5 遠隔地ですがサポートは可能ですか?

A.もちろん、大丈夫です!

当事務所では遠隔地や障害により来所が困難な方向けにインターネットを使たTV電話形式による面談を実施しています。

インターネットに接続の出来る環境でパソコン、タブレットPC、スマートフォンがあれば面談が可能となりますのでご希望がありましたらお気軽にお問合せください。

※インターネット環境が整っていない場合も、電話により面談を行うこともできます。

また、遠隔サポートであっても対面に比べて認定率は特に変わりませんのでご安心ください。

年子先生
遠隔サポートがご希望の場合は『障害年金のオンラインサポート』をご覧ください。

まとめ

冒頭にも述べたとおり障害年金の申請が可能となるのは「20歳の誕生日から」です。

では申請の準備も同じタイミングで良いのか?というと、それは違います。

保護的環境にいる時期に、②書類の収集時間に余裕を持って、③落ち着いて申請を行う!

これらのことを大切にしてください。

「まだ申請じゃないけど…不安」や「難しくてよくわからない」など疑問や不安のある方!

相談は無料です!ぜひお気軽にご相談ください。

 

知的障害の障害年金申請に関する無料相談 


当センターでは無料相談を行っております。

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

友だち追加

以下フォームからもお問い合わせを受け付けております。

※どのようなご質問でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ご氏名
メールアドレス
お問い合わせ内容


※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、
お電話で当センターまでご確認下さい。


【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には
使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ