お問い合わせ
電話番号

(7)知って得する情報

(5)その他の関連制度

病気やケガで使える福祉制度一覧

1.障がい者手帳 障がい者手帳とは、障害のある方が取得できる手帳です。地方自治体ごとにより受けられる支援が少しずつ異なりますが、一番のメリットは医療費助成です。手帳を提示するころで指定病院での医療費がことで「原則1割」で済みます。※自...
(7)知って得する情報

【うつ病と障害年金】働いていても貰える?徹底解説します!

「自分は働いているから障害年金はもらえない」と思う方も多いですよね。 しかし、障害年金では『就労=不支給』という訳ではありません。 意外かと思いますが、認定基準の中には「仕事をしているからといってすぐに不支給...
(5)その他の関連制度

ヘルプカードを利用しませんか?

家から一歩外に出ると誰にも頼ることが出来ず、一人で困ったことはありませんか。 交通機関を利用したとき、買い物へいったとき、困難はさまざまな場面で立ちはだかります。 障害の種類や症状により、困難も多種多様です。 一見してわか...
(5)その他の関連制度

厚生年金は免除になるのか?

障害年金の受給が決まった方や、受給中の方から 「障害年金を受給すると厚生年金は免除になりますか?」といった ご質問を頂く事があります。 国民年金には、障害基礎年金や障害厚生年金(1~2級)を受給すると 免除されるという制...
(5)その他の関連制度

【豆知識】若年者納付猶予について

若年性納付猶予とは? 日本国内に住む20歳から60歳までの方は公的年金に加入することが義務づけられており、20歳になったら国民年金に加入します。 30歳未満の国民年金の第1号被保険者であって、本人及び配偶者の前年所得が一定以下の...
(5)その他の関連制度

学生納付特例制度について

日本国内に住む20歳から60歳までの方は公的年金に加入することが義務づけられており、20歳になったら国民年金に加入します。 しかし、大学生などのように『20歳以降も学生の方』に国民年金の義務を課してしまうと本業の学業に専念出来...
(7)知って得する情報

ご本人が亡くなった後でも請求できるのか?

障害年金には5年間の時効が設けられています。 この時効との関係で遡及請求の最大が5年間分と定められているのです。 それでは、ご本人が亡くなった後でも遡って請求をする事は 出来るのでしょうか? 答えはYES(出来る...
(5)その他の関連制度

退職後に傷病手当を受給するには

退職後に貰える手当として、失業保険は多くの人に知られていますが 意外としられていない制度として傷病手当金があります。 しかし、退職後も傷病手当金を受給する為には 幾つかの条件が有る為、下記の通り紹介します。 加入期間...
(7)知って得する情報

内縁の配偶者でも加給年金は受給できるか?

障害厚生年金で1~2級に該当し、配偶者(夫・妻)がいる場合には 加給年金という年金のプラスアルファを受けれる可能性があります。 加給年金はどのくらい貰えるの? では、婚姻はしていないけれど内縁関係(事実婚関係)、という...
(5)その他の関連制度

高額療養費について

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が、請求する事により後から払い戻される制度です。 なお、高額療養費は診療を受けた月の翌月1日から...
タイトルとURLをコピーしました