お問い合わせ
電話番号
用語説明 障害年金の基礎知識

初診日から1年6ヶ月待たなくても障害年金の申請ができる?症状固定の考え方を徹底解説します!

【症状固定とは】

器質的欠損若しくは変形又は機能障害を残している場合は、医学的に傷病が治ったとき、又は、その症状が安定し、長期にわたってその疾病の固定性が認められ、医療効果が期待し得ない状態に至った場合をいう。

 

症状固定に該当するとどうなる?

障害年金は、原則として「初診日から1年6ヶ月を経過した日」に障害の状態の程度を確認し、これを『障害認定日』と呼びます。

本来、この障害認定日を到達を待たなければ、障害年金の請求はできません。

理由は、治療を開始すれば一定の改善が見込める可能性もありますし、時間の経過により回復していくこともあるため、症状が安定しているとはいえず適切に障害状態を確認できないからです。

しかし、治療を続けてもこれ以上の機能回復が見込めない場合、症状固定と認められると1年6ヶ月を待たずに障害年金を請求が出来るとされています

症状固定に該当する具体例

以下に該当する場合は初診日から1年6ヶ月を経過する前を障害認定日(障害の状態の程度を確認する日)として請求することができます。

障害施術や状態症状固定(障害認定日)
聴覚等喉頭全摘出喉頭全摘出日
肢体人工骨頭・人工関節を挿入置換挿入置換日

人工関節・人工骨頭のよくある3つの誤解

切断または離断切断または離断日
(障害手当金は創面治癒日)
脳血管障害による機能障害 ※1初診日から6ヵ月を経過した日以後
呼吸在宅酸素療法開始日(常時使用の場合)
循環器(心臓)・人工弁
・心臓ペースメーカー、
・植え込み型除細動器(ICD)
装着日
・心臓移植
・人工心臓
・補助人工心臓
移植日または装着日
・CRT(心臓再同期医療機器)、
・CRT-D(除細動器機能付き心臓再同期医療機器)
装着日
胸部大動脈解離や胸部大動脈瘤により人工血管(ステントクラフトも含む)を挿入置換挿入置換日
腎臓人工透析療法透析開始日から起算して3ヵ月を経過した日

人工透析で障害年金を取得するポイント

その他人工肛門造設、尿路変更術、新膀胱造設造設日または手術日

ストーマで障害年金を取得するポイント

遷延性植物状態
(遷延性意識障害)
その状態に至った日から起算して3ヵ月を経過した日以後
今後回復が期待できず、気管切開下での人工呼吸器(レスピレーター)使用、胃ろう等の恒久的な措置が行われている場合 ※2初診日から6ヵ月を経過した日以後

※ 上記は具体的な事例を掲げたものであり、個々の状況により判断されることもあります。

またすでに初診日から1年6ヶ月を経過している場合は上記に関わらずすぐに請求することができますので、混同しようないようにご注意ください。

 

※1 脳血管障害による機能障害がある場合の詳細

初診日から起算して 1 年 6 月を経過した日以前であっても障害年金を請求することができるのは『医学的観点から、それ以上の機能回復がほとんど望めないと認められるとき』に限られます。

※2 恒久的な措置が行われている場合の詳細

診日から起算して 1 年 6 月を経過した日以前であっても障害年金を請求することができるのは、以下の場合に限られます。

現在の医学では根本的治療方法がない疾病であり、今後の回復は期待できず、初診日から 6 月経過した日以後において気管切開下での人工呼吸器(レスピレーター)使用、胃ろう等の恒久的な措置が行われており、日常の用を弁ずることができない状態であると認められるとき

 

症状固定についてのよくある質問

Q.精神疾患で症状固定はありますか?

うつ病や統合失調症といった精神疾患の場合、症状が良くなったり悪化したりといった変動があります。
そのため、精神疾患においては原則として症状固定は認められません。

Q.主治医が症状固定と記載してくれれば症状固定が認められるのか?

障害年金の診断書には「傷病が治った(症状が固定して治療の効果が期待出来ない状況を含む。)かどうか。」という項目があります。

ここで「治った」という項目にチェックすれば症状固定とされるのではないかという質問があります。

主治医が「治った=症状固定」と判断した場合であっても障害年金の審査では必ずしも症状固定となりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
症状固定といっても傷病ごとに細かく定められており意外とややこしいのではないでしょうか?

「自分の場合は症状固定になるの?」
「〇〇という疾病ではどうなの?」

など不明点やご質問があれば以下の無料相談よりお気軽にご相談ください。

症状固定に関する無料相談 

当センターでは無料相談を行っております。
お電話、メール以外でも「人と会ったり話したりするのが苦手・・・」という方はLINEでお問合せ下さい。
「ご相談者様の心に寄り添った対応」を心掛けた当事務所のメンバーがご質問にお答えします。

こんなお悩みをお持ちの方はお気軽にご連絡下さい!

障害年金申請に関するお問合せ「自分は障害年金を受給できる可能性があるのか・・・」
「病気で働けないので経済的に不安・・・」
「障害年金の手続き方法がわからない・・・」
「申請の書類が多くて自分ではできない・・・」
「別の社労士事務所に断られた・・・」
「何をしたら良いのかわからない・・・」
「自分で申請して不許可になった・・・」

など

その他、どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら

当事務所ではフリーダイヤル(通話料金無料)でご用意しております。
障害年金に関するご質問など、お気軽にお電話下さい。

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

お電話でお話するのが難しい場合はLINEでお気軽にお問合せ下さい。
「LINEでのやりとりで話を進められたのはとても良かったです。相談の際に窓口にいかないといけないと思っていたので助かりました。」というご感想もいただいています。

友だち追加

フォームからのお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県(必須項目)
生年月日西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ

The following two tabs change content below.
社会保険労務士 松岡由将

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超
タイトルとURLをコピーしました