~ブログ~

  • 事例追加(広汎性発達障害)

    お電話にて寄せられる質問の中にこのような質問がよくあります。 ・広汎性発達障害で障害年金は無理と言われました ・療育手帳(B2)は軽度なので障害年金は無理ですよね? 年金事務所の窓口や専門家から『療育手帳(B2)では無理 …

     本文はこちら
  • 病歴・就労状況等申立書の書式変更

    平成26年5月より、病歴・就労状況等申立書の書式が変更され これまで国民年金用と厚生年金用と別々だったものが共通の書式となりました。 それに伴いまして当ホームページからダウンロード出来るフォーマットも最新版の書式に更新を …

     本文はこちら
  • 事例追加(小脳失調症)

    こんにちは、社会保険労務士の松岡です! 2月に入り今月もまた、お喜びの声が届きましたので 事例としてご紹介させて頂きます。 このご相談者様は小学校の時に急性脊髄小脳炎を発病し、 その後、小脳失調症という後遺障害が残ってし …

     本文はこちら
  • 審査請求で遡り請求が決定!(うつ病)

    こんにちは、社会保険労務士の松岡です! 近年、障害年金の認定はとても厳しくなっています。 精神疾患での申請においては、特にそのような傾向を感じます。 ※参考 : 精神疾患による障害年金の傾向 そのような中、うつ病(鬱病) …

     本文はこちら
  • レントゲンフィルム、心電図の添付について

    障害年金の申請の際には傷病によってはレントゲンフィルム提出が必要となる場合があります。 なお、レントゲンフィルムの提出はフィルムでもCDRでも大丈夫ですので、主治医と相談してください。 レントゲンフィルムの添付 国民年金 …

     本文はこちら
  • 公務員も障害年金の対象

    総務省の外郭団体である「地方公務員安全衛生推進協会」の調査で 2012年度に精神疾患で長期の病休を取った地方公務員の方が、 10年前から比較して2.4倍に増えていると発表がありました。 この結果は同会が調査を始めた199 …

     本文はこちら
  • 将来の老齢年金を少しでも多くするには

    国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、 毎月の国民年金(平成25年度:15,040円/月)に付加保険料を 上乗せして納めることで、受給する年金額を増やす事が出来ます。 この付加年金による受給額は決して大きくは …

     本文はこちら
  • 療育手帳の等級について

    療育手帳とは知的障害をお持ちの方が福祉サービスなどを 利用する際に必要となる手帳です。 しかし、知的障害福祉法に療育手帳の記載はなく、 厚生労働省が1973年に出した通知「療育手帳制度について」に基づき 各都道府県が判定 …

     本文はこちら
  • 診断書なしで支給が決定!

    先日、東京地裁にて驚きの判決が出たのでご紹介します。 20歳より前に初診日がある障害の場合、20歳前障害という方法での 申請となります。  ⇒20歳前障害について詳しく見る この20歳前障害で申請を行う場合、原則として2 …

     本文はこちら
  • 医師は診断書のプロでは無い!

    よくある誤解として『診断書は医師に任せれば大丈夫』という方がおられます。 しかし、よく考えてみてください! お医者様は医療のプロであって、診断書を作成するプロでは無いという事。 実際に私は最近以下のような記載漏れやミスに …

     本文はこちら