Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

将来の老齢年金を少しでも多くするには

[記事公開日]2013/12/26

国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、
毎月の国民年金(平成25年度:15,040円/月)に付加保険料を
上乗せして納めることで、受給する年金額を増やす事が出来ます。

この付加年金による受給額は決して大きくはありませんが
掛け金を2年で全額取り返す事が出来、その後も継続して受給が可能な為、
もし対象となる方はゼヒ加入をオススメします!

対象者

・国民年金第1号被保険者
・任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)
※厚生(共済)年金に加入している方(サラリーマン・公務員)は非対象

付加保険料の月額(支払い額)

 400円/月

付加年金額(将来貰える額/年間)

 200円×付加保険料納付月数

(例)20歳から40年間、付加保険料を納めた場合
 200円×(12カ月×40年)=96,000円/年

注意点

・付加保険料の納付は、申し込んだ月分からとなり、過去への遡りは出来ません。
・毎月の国民年金とセットでの納付が可能であり、付加年金のみの納付は出来ません。
・国民年金基金に加入中の方は、付加保険料を納められません。
・付加年金は定額のため、物価スライドによる増額や減額はありません。

障害年金のお問い合わせはこちら