3つの障害年金!障害年金には種類がある?

[記事公開日]2019/08/30

障害年金は「初診日に加入していた年金制度」によって、請求できるものが違います。

請求できる障害年金は主に3つあり、下記のとおりです。

  • 障害基礎(きそ)年金
  • 障害厚生(こうせい)年金
  • 障害共済(きょうさい)年金等

ここでは、それぞれの制度による違いをわかりやすくご案内いたします。

3つ障害年金の違い

障害基礎 障害厚生 障害共済等
等級 1~2級 1~3級 1~3級
加算
配偶者 ×
窓口 年金事務所

市区町村役場

年金事務所 共済組合

それぞれの制度については、下記より詳しく見ていきましょう!

 

それぞれの特徴とは?

(1)障害基礎(きそ)年金

初診日に国民年金に加入している場合、障害等級表の障害の状態に該当すると「障害基礎年金」が支給されます。

主な対象者は『主婦の方や自営業者・フリーター・学生など』が当てはまります。

また先天性の病気や20歳前に発病していた場合などの『年金支払い義務の無い期間に初診日があるケース』も、障害基礎年金で申請することが可能です。

■等級

1級または2級」のいずれかです。3級および障害手当金は対象外なので、注意してください。

■加算

障害厚生年金や障害共済年金とは違い「配偶者の加算」はありません。一方、原則として18歳未満のお子様がいる場合は「子の加算」があります。

■窓口

ご自宅近くの「年金事務所・市区町村役場」が窓口です。

 

(2)障害厚生(こうせい)年金

初診日に厚生年金に加入している場合、障害等級表の障害の状態に該当すると「障害厚生年金」が支給されます。

主な対象者の方は『サラリーマンや社会保険加入のアルバイトの方など』が当てはまります。

■等級

「1級~3級」までが対象です。また3級の基準に満たさない場合であっても、一定基準に該当すれば一時金として「障害手当金」が支給されます。

■加算

配偶者がいる場合は「配偶者の加算」があります。また、原則として18歳未満のお子様がいる場合は「子の加算」があります。

■窓口

ご自宅近くの「年金事務所」が窓口です。障害厚生年金は「市区町村役場」では受付できませんので、ご注意ください。

 

(3)障害共済年金等

初診日に共済年金に加入している場合、障害等級表の障害の状態に該当すると「障害共済年金」が支給されます。

主な対象者は『公務員など』が当てはまります。

また組合専用の様式が用意されている等「組合独自のルールが多い」ため注意が必要です。

■等級

1級~3級」までが対象です。

■加算

配偶者がいる場合は「配偶者の加算」があります。また、原則として18歳未満のお子様がいる場合は「子の加算」があります。

■窓口

障害共済年金等は「ご自分が加入している組合など」が窓口となります。

 

参考リンク

障害年金に関する無料相談 


当センターでは無料相談を行っております。

【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ

お電話でのお問い合わせはこちら

無料診断・相談はコチラ

以下フォームからもお問い合わせを受け付けております。

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県 (必須項目)
生年月日 西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


The following two tabs change content below.
社会保険労務士 松岡由将

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超
error: Content is protected !!