お問い合わせ
電話番号

"聴覚障害 認定基準"

構音障害、音声障害、聴覚障害、失語症で障害年金を受給するポイント

構音障害、音声障害、聴覚障害、失語症で障害年金を受給するポイントを分かりやすく纏めました。
(3)障害認定基準

「障害年金の認定基準(腎疾患、人工透析、人工肛門など)」の一部改正

平成27年6月1日より失語症、腎臓疾患、人工肛門、聴覚に関する認定基準が一部改正されましたので各障害ごとのポイントを分かりやすく解説します。
(3)障害認定基準

第2節【聴覚の障害認定基準】

聴覚の障害は、次の基準によって障害等級を決定します。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 障害認定基準 第2節聴覚障害 1級 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの ...
(3)障害認定基準

第6節【音声・言語機能の障害認定基準】

音声又は言語機能の障害の注意点は以下のとおりです。 ●音声又は言語機能の障害には1級がありません。 ●音声又は言語機能の障害は下記3つに分類されます。 ①発音に関わる機能に障害・・・発音や発声が困難 ②脳...
【傷病別】た行

耳(聴覚)の障害で障害年金を受給するためのポイント

聴覚障害に関する障害年金の認定基準を分かりやすく纏めました。
障害年金の基礎知識

障害手当金とは│障害年金4級に相当する障害手当金を解説します!

障害厚生年金には4級相当と言われる生涯手当金という制度があります。障害手当金について分かりやすく解説します。
(2)対象となる傷病例

目(眼)・耳・鼻・口の障害

目(眼)の障害 目(眼)の障害で障害年金の対象となるものの例です。 白内障、ぶどう膜炎、緑内障、癒着性角膜白斑、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮 網膜色素変性症、糖尿病性網膜症 黄班変性症など  ⇒認定基準はコチラ 聴覚の障害 耳の障...
タイトルとURLをコピーしました