腎臓(人工透析)の障害

[記事公開日]2013/02/08

腎臓の障害

腎臓の障害(人工透析)で障害年金の対象となるものの例です。

慢性腎不全、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎など

腎疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、
治療および病状の経過、人工透析療法の実施状況、具体的な日常生活状況等により、
総合的に認定されます。

関連記事

障害年金のお問い合わせはこちら