肢体(手・足)の障害

[記事公開日]2013/02/08

肢体(手や足)の障害

手や足の障害で障害年金の対象となるものの例です。

上肢または下肢の離断や切断、外傷性運動機能障害、脳血管障害による後遺症、重症筋無力症、関節リウマチ、脳軟化症、脊髄損傷、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、パーキンソン病、ギラン・バレー症候群、人工関節、人工骨頭、変形性股関節症、筋萎縮性側索硬化症、大腿骨骨頭壊死、大腿骨頚部骨折、膝関節屈曲位拘縮、糖尿病性壊死、腰椎圧迫骨折など

関連記事