肢体(手・足)の障害

[記事公開日]2013/02/08

肢体(手や足)の障害

手や足の障害で障害年金の対象となるものの例です。

上肢または下肢の離断や切断、外傷性運動機能障害、脳血管障害による後遺症、重症筋無力症、関節リウマチ、脳軟化症、脊髄損傷、ビュルガー病、進行性筋ジストロフィー、パーキンソン病、ギラン・バレー症候群、人工関節、人工骨頭、変形性股関節症、筋萎縮性側索硬化症、大腿骨骨頭壊死、大腿骨頚部骨折、膝関節屈曲位拘縮、糖尿病性壊死、腰椎圧迫骨折など

関連記事

The following two tabs change content below.
社会保険労務士 松岡由将

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超
社会保険労務士 松岡由将

最新記事 by 社会保険労務士 松岡由将 (全て見る)

error: Content is protected !!