お問い合わせ
電話番号
~ブログ~

社会保険未加入でも障害厚生年金の可能性について

初診日において社会保険(厚生年金、健康保険)に未加入であったならば、
障害基礎年金で申請を行うというのが原則です。

それでは初診日の時点で社会保険に未加入であったなら、障害厚生年金を
受給出来る可能性はゼロなのでしょうか?

上記のような場合でも受給の可能性があるケースを一つ紹介します!

法律ではパートタイマーであっても正社員の3/4以上働いていれば、
事業主は社会保険に加入する義務があります。

そしてその条件に該当していた場合、必要書類が揃えば過去に遡って
社会保険に加入するという事が出来ます。
※出勤簿(タイムカード)や賃金台帳などが必要となります

このようなスキームにより初診日に社会保険に加入していた事が認められると、
障害厚生年金での申請が可能となるのです!

「パートタイマーだったから障害厚生年金はムリだな、、、」と諦める前に
専門家への相談をオススメします。

関連記事

初診日の重要性はコチラ

初診日の考え方はコチラ

初診日の特定にあたっての注意点


20歳前障害の初診日証明はコチラ


初診日後に未納がある場合はどうなるの?

通院記録を付けましょう!

The following two tabs change content below.

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超

最新記事 by 社会保険労務士 松岡由将 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました