お問い合わせ
電話番号
障害年金の基礎知識

障害年金のデメリットってあるの?不安にお答えします!

障害年金のデメリット

障害年金を貰うことでデメリットがあれば、知っておきたいですよね。

しかし意外と知られていないのですが、障害年金を貰うことによる「デメリットはほとんど無い」ということです。

そんな中で、今回は「よくある不安の声」にお答えしていきます。

A子さん
障害年金を勧められたんだけど、デメリットが無いか心配なの

年子先生
やっぱり実際に貰うまではわからないことも多いよね。じゃあ今日は不安を解決しよう!

 

Q.1まわりに障害年金を貰っていることは分かるの?

A. 基本的に、NOです。
よく障害年金に対する不安として「まわりや会社に貰っていることがわかるのでは…」というお声があります。

しかし障害年金を受け取っているかは、本人が回りに言わない限りわかりません。もちろん会社も同様です。

 

 

Q.2将来貰える老齢年金は減るの?

A.  NOです。
障害年金を貰ったからといって、将来受け取る老齢年金が減ることがありません。

2つの制度は別々のものですので、障害年金が影響を及ぼすことはありません。

 

Q.3年末調整では障害年金を貰っていることを申告するの?

A.  NOです。

障害年金は非課税所得です。課税される収入に含めれないため、年末調整で会社に申告する必要はありません。

 

 

Q.4障害年金を貰うと扶養から外れるの?

配偶者などがサラリーマン等で社会保険(厚生年金・健康保険)に加入しているときは、家族などを扶養(ふよう)に入れることができます。現在、扶養に入っているという方も多いかもしれません。もし扶養から外れると、自分で厚生年金・健康保険に加入しなければなりません。

一般的に「年収が130万円以上」になると扶養から外れます。

一方、障害年金を受給中の方は「180万円以上」になると扶養から外れます。

よって「障害年金+他の収入」がある場合は注意が必要ですが、基本的に障害年金だけで扶養から外れることはほとんどありません

 

Q.5審査で人に会わなきゃだめ?

A.  NOです。

障害年金は、原則『書類審査』です。障害年金を受ける権利があるか、何級相当になるかは、全て書類上で判断されます。

介護認定では、認定のために調査員の人が聞き取りに来ますが、この制度と混同されることも多いですね。

 

Q.6結果に納得いかないときでも何も言えないの?

A.  NOです。

結果に納得いなかいときは「不服申立て」が可能です。これは、どこに納得できないかを伝える制度です。原則は書面で申し立てますが、口頭で言うことも可能です。

障害年金の「不服申立て」は、審査請求、再審査請求の2つがあり、①申請⇒②審査請求⇒③再審査請求の順番で進みます。

 

Q.7働いたら支給は止まるの?

障害年金には『更新』があります。期間は人によりそれぞれですが、1~5年の間と決まられています。更新が来るまでは仕事をしても収入があっても、障害年金が止まることはありません。

 

A子さん
更新のときに就労していたら止まることもあるの?

年子先生
病気や就労の状況によって違うけれど、その可能性もあるよ!

 

Q.8収入があったら支給額は減るの?

A.  NOです。

収入に関わらず、決定された金額が更新まで続きます。収入で支給額が減ることもありませんが、もちろん増えることもありません。

 

Q.9何か制限されることがあるの?

A.  基本的にNOです。

貯金をしても良いし、動くことに支障が無いのであれば働きにでることも自由です。

貯蓄を把握されることも無いし、使い道の報告義務などもありません。

ただし『20歳より前に初診日ある人』には、所得制限があります。一定の所得があると、一部停止・全部停止もあえます。

A子さん
20歳より前に初診日がある人だけ、所得制限があるの?

年子先生
そういうことだよ、20歳以前は年金の支払い義務が無いから公平を図るために所得制限が設けられているみたい。
A子さん
どのくらいの頻度で確認されて、どうやって見られるの?
年子先生
確認は毎年あるの、方法は誕生日月が近づくとハガキが届いて申告するのよ。年金機構にマイナンバーを伝えている人は自動的に調査されるからハガキは無しでOK!

 

Q.10定期的に人が見に来たりするの?

A.  NOです。

障害年金は「現金給付のみ」の制度です。決定後に誰かが調査に来たり、病状の確認に来てくれるということはありません。もし定期的な訪問を希望する場合は、お住まいの市区町村役場で相談してみるのが良いですよ。

 

不安があるときは、相談して解決!

よくある不安のお声にお答えしてきましたが、疑問は解決できたでしょうか?

まだまだ不安!という方は、まず相談してくださいね。

当センターでは無料相談を行っております。
お電話、メール以外でも「人と会ったり話したりするのが苦手・・・」という方はLINEでお問合せ下さい。
「ご相談者様の心に寄り添った対応」を心掛けた当事務所のメンバーがご質問にお答えします。

こんなお悩みをお持ちの方はお気軽にご連絡下さい!

障害年金申請に関するお問合せ「自分は障害年金を受給できる可能性があるのか・・・」
「病気で働けないので経済的に不安・・・」
「障害年金の手続き方法がわからない・・・」
「申請の書類が多くて自分ではできない・・・」
「別の社労士事務所に断られた・・・」
「何をしたら良いのかわからない・・・」
「自分で申請して不許可になった・・・」

など

その他、どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら

当事務所ではフリーダイヤル(通話料金無料)でご用意しております。
障害年金に関するご質問など、お気軽にお電話下さい。

無料診断・相談はコチラ

LINE@でのお問合せはこちら

お電話でお話するのが難しい場合はLINEでお気軽にお問合せ下さい。
「LINEでのやりとりで話を進められたのはとても良かったです。相談の際に窓口にいかないといけないと思っていたので助かりました。」というご感想もいただいています。

友だち追加

フォームからのお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、お電話で当センターまでご確認下さい。


お住まいの都道府県(必須項目)
生年月日西暦 (必須項目)
お名前
メールアドレス
傷病名
お問い合わせ内容
現在お仕事はしていますか?
現在生活保護を受給していますか?


【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ

 

 

The following two tabs change content below.
社会保険労務士 松岡由将

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超
タイトルとURLをコピーしました