お問い合わせ
電話番号
(5)その他の関連制度~ブログ~

年金と税金の関係について

年金と所得税の関係について、以下のような質問を受ける事があります。

 ・障害年金は課税ですよね?
 ・年金は全て課税ですよね?

答えはNoです!!!

年金と一言で言っても「老齢」「遺族」「障害」と
3パターンがあるので、それぞれの税区分をご紹介します。

老齢年金 ⇒ 課税

遺族年金 ⇒ 非課税

障害年金 ⇒ 非課税

つまり、老齢年金には税金が掛かるが、遺族・障害年金には
税金が掛からないという事ですね。

なお、この税区分の根拠については、各年金法によっても
明確に定められていますので下記の通り紹介させて頂きます。

①国民年金法の第二十五条
租税その他の公課は、給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。
ただし、老齢基礎年金及び付加年金については、この限りでない。

②厚生年金保険法第四十一条2項
租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。
ただし、老齢厚生年金については、この限りでない

The following two tabs change content below.

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超

最新記事 by 社会保険労務士 松岡由将 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました