目(眼)・耳・鼻・口の障害

[記事公開日]2013/02/08

目(眼)の障害

目(眼)の障害で障害年金の対象となるものの例です。

白内障、ぶどう膜炎、緑内障、癒着性角膜白斑、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮
網膜色素変性症、糖尿病性網膜症 黄班変性症など

 認定基準はコチラ

聴覚の障害

耳の障害で障害年金の対象となるものの例です。

突発性難聴、メニエール病、感音性難聴、薬物中毒による内耳障害
頭部の外傷や音響による外傷による内耳障害など

 聴覚障害の認定基準はコチラ
 平衡機能障害の認定基準はコチラ

鼻腔機能の障害

鼻の障害で障害年金の対象となるものの例です。

外傷性鼻科疾患(鼻の一部・全部欠損による鼻呼吸障害)

そしゃく・嚥下機能・言語機能の障害

喉(のど)や口の障害で障害年金の対象となるものの例です。

咽頭摘出手術後後遺症、上下顎欠損 など

 そしゃく・嚥下機能の認定基準はコチラ

障害年金のお問い合わせはこちら