お問い合わせ
電話番号
【傷病ごと】Q&A

眼・耳・鼻・口の障害Q&A

 

網膜色素変性症について

眼の障害でご相談の多いのが、網膜色素変性症です。

網膜色素変性症により、視力・視野 に障害が出る場合があります。

障害年金は視力か視野のどちらかが障害の基準を満たせば受給できます。
両方に障害が出た場合は併合され、上位等級に認定されます。

例えば視力の目安として

○両眼の視力の和が0.04以下は1級
○両眼の視力の和が0.05以上0.08以下は2級
○両眼の視力が0.1以下に減じた場合、3級

となります。

視力は矯正視力(矯正不能の場合その旨記載)、視野はⅠ/2視標及びⅠ/4視標を用いて測定したものを記載することとなります。

 

聴覚の障害について

耳の障害で障害年金の対象となるものの例です。

突発性難聴、メニエール病、感音性難聴、頭部の外傷や音響による外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害 など

関連記事

 

目(眼)の障害認定基準はコチラ

 

聴覚の障害認定基準はコチラ

 

平衡機能の障害認定基はコチラ

 

関連記事(その他Q&A)

 

一般的なQ&Aはコチラ

 

精神障害(うつ病等)はコチラ

 

内科系障害はコチラ

 

The following two tabs change content below.

社会保険労務士 松岡由将

障害年金を専門としたコンサルタントを行っている。 誰もが無理と匙を投げた請求も数多く覆した実績を持つ。 ご相談者様に安心してもらえる手続きを心掛けている。 今は福祉、医療施設や特別支援学校の親御さんをに対して障害年金を広める活動も精力的に行っている。 相談件数:年間2000件超/請求実績:合計500件超

最新記事 by 社会保険労務士 松岡由将 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました