Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『障害手当金』の検索結果 | 2ページ目

  • 2013年5月13日

    鼻腔機能の障害認定基準

    鼻腔機能の障害は、次の基準によって障害等級を決定します。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 認定基準 障害手当金 鼻軟骨部の全部又は大部分を欠損し、かつ、鼻呼吸障害のあるもの 補足 ・嗅覚脱失は、認 …

    詳細はこちら

  • 2013年5月7日

    上肢(指・手・腕)の障害認定基準

      上肢(指・手・腕)の障害については次の基準によって障害等級を決定します。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 1級 両上肢の3大関節中それぞれ2関節以上の関節が次のいずれかに該当するもの …

    詳細はこちら

  • 2013年4月16日

    神経系統の障害認定基準

      神経系統の障害による障害の程度は、次により認定する。   認定基準 1級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずること …

    詳細はこちら

  • 2013年4月15日

    症状性を含む器質性精神障害の認定基準

    先天異常、頭部外傷、変性疾患、新生物、中枢神経等の器質障害を原因として生じる精神障害に、膠原病や内分泌疾患を含む全身疾患による中枢神経障害等を原因として 生じる症状性の精神障害については次の基準によって障害等級を決定する …

    詳細はこちら

  • 2013年4月6日

    言語機能の障害認定基準

    音声又は言語機能の障害については次の基準によって障害等級を決定します。 認定基準 2級 ①音声又は言語を喪失するか、又は音声若しくは言語機能障害のため意思を伝達するために身ぶりや書字等の補助動作を必要とするもの ②4種の …

    詳細はこちら

  • 2013年3月30日

    平衡機能の障害認定基準

    平衡機能の障害については次の基準によって障害等級を決定します。 認定基準 2級 四肢体幹に器質的異常がない場合に、閉眼で起立・立位保持が不能又は、開眼で直線を歩行中に10メートル以内に転倒あるいは著しくよろめいて歩行を中 …

    詳細はこちら

  • 2013年3月23日

    下肢(足・脚)の障害認定基準

    下肢(足・脚)の障害については次の基準によって障害等級を決定します。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 認定基準 1級 ①両下肢の3大関節中それぞれ2関節以上の関節が全く用を廃したもの、つまり、次の …

    詳細はこちら

  • 2013年3月21日

    目(眼)の障害認定基準

    目(眼)の障害は、主に視力と視野障害について次の基準によって障害等級を決定します。 ご自身の状況を照らし合わせて等級の参考にしてください。 認定基準 1級 両眼の視力の和が 0.04 以下のもの 2級 ①両眼の視力の和が …

    詳細はこちら

  • 2013年1月19日

    障害年金の受給金額

    障害年金は初診日に加入していた年金制度により受給額が変わってきます。 初診日に該当する制度をご覧ください。 国民年金に加入していた方(自営・無職など) 20歳未満で国民年金に未加入であった方 厚生年金・共済年金に加入して …

    詳細はこちら

障害年金のお問い合わせはこちら