障害年金請求の種類

障害年金の請求の内容は、いくつかの種類があります。

1.障害認定日請求

初診日から1年6ヶ月経過した、障害認定日時点での診断書を取得し、その障害認定日から1年以内に請求することです。

[診断書]

原則として障害認定日から3ヶ月以内の診断書が必要となります。

[受給権の発生]

障害認定日から受給権が発生します。

 

2.遡及請求

初診日から1年6ヶ月経過した日である、障害認定日時点に請求されなかった場合、障害認定日から1年以上経過した後で障害認定日時点に遡って請求することです。

[診断書]

原則として①障害認定日から3ヶ月以内の診断書②請求時点での診断書の計2枚が必要となります。

[受給権の発生]

障害認定日から受給権が発生します。

[時効]

障害年金の支給は障害認定日の翌月分からとなりますが、遡及による支給は時効の関係から5年分までとなります。

 

3.事後重症

初診日から1年6ヶ月を経過した日である、障害認定日時点には障害等級に該当していなかった場合、その後65歳に達する日の前日までに障害が悪化し、障害等級に該当する状態に至った場合、請求することができます。

障害認定日時点で医療機関を受診されていなかったり、当時の診断書が保管されていない場合など、障害認定日時点における診断書が取得できない場合、通常、事後重症による請求となります。

[診断書]

請求時点の診断書が必要となります。

[受給権の発生]

請求日から受給権が発生します。

[請求期限]

65歳に達する日の前日まで

 

4.はじめて2級の障害年金

2級以上の障害に満たない状態にあった方が、新たな傷病(基準傷病といいます)が発生し、65歳に達する日の前日までの間に、基準傷病による障害と前の障害を併せると、2級以上の障害に該当する場合に請求できます。

[受給権の発生]

請求日から受給権が発生します。

[請求期限]

65歳以後も請求可

 

5.20歳前障害

20歳前で年金に未加入であった期間に初診日のある傷病により(学生時代など)、一定の障害状態にある方が、20歳に達した日(障害認定日が20歳以後の場合はその障害認定日の時点)、障害等級の2級以上に該当する場合請求できます。

[診断書]

原則として20歳に達した日(障害認定日が20歳以後の場合は障害認定日)から3ヶ月以内の診断書が必要となります

[受給権の発生]

20歳に達した日(障害認定日が20歳以後の場合は障害認定日)受給権が発生します。

ポイント

20歳前でも厚生年金に加入していた(高卒で働いていた)ときに、障害の対象になった場合、障害厚生年金の対象となります。

なお、20歳前障害には一定以上の所得がある場合には制限が行われます。
⇒詳しくはコチラをご覧ください。

障害年金のお問い合わせはこちら