Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

障害年金は正当な権利です!

[記事公開日]2013/07/18

障害年金についてのご相談の中にはこのようなご意見を頂く事があります。

「若くして年金を貰うと怠け者に思われるのではないか?」

「請求はしたいけれども、申し訳ない気持ちがある」

「障害年金を貰うことに後ろめたさを感じる」

そこで私が知って頂きたい事は障害年金をはじめとする公的年金制度は国が行う保険制度であるという事です!

保険制度とは、保険料を払っているから一定のサービスが受けられるというものです。

民間の保険会社で考えると分かりやすいのですが、保険料をきちんと払っているからこそ、交通事故や入院、死亡などの際に保険金などのサービスが受けられます。

サービスを受けられるのは、きちんと保険料を払っている人の権利なのです。

基本的に、障害年金も同じだと考えて下さい。

保険料の滞納を続けている人は、障害年金を受けることは出来ません。
⇒参照 保険料納付要件はコチラ

ですから、保険料をきちんと払っている、若しくは免除申請をしている状態であれば、障害年金を受給する権利がある為、後ろめたさなどを感じる必要は無いと私は考えています!

障害年金のお問い合わせはこちら